クレジットカード スピード発行

どうしても急ぎでクレジットカードが欲しい場合

手持ちのスマホ・パソコンからネット申込ができるようになったこともあって、
クレジットカードは今では誰もが1枚は持っている時代になってきました。
通常クレジットカードを発行する場合には、審査を通過して初めて
カードを持つことが可能になりますし、そのカードが自宅に届き、
実際に使用できるのは早くて一週間〜二週間の時間が必要でしたが、
現在はユーザーのニーズも多様化し、それに応える形で
どうしても急ぎでクレジットカードが欲しい場合に対応し
スピード発行可能なクレジットカードが常に堅調な人気を持っています。
ここではそんなクレジットカード【スピード発行対応一覧】を紹介しています。
発行が最短即日〜3営業日程度のものをピックアップして掲載しています。

発行日別カード一覧

最短即日発行可能

セゾンカードインターナショナル

最短、今日中の発行に加えて、今日中の受け取りに対応。
セゾン系クレジットカードの大きなメリットは「スピード発行」。
その定番カードがセゾンカードインターナショナルです。
カード受取りを「郵送」か「近くのセゾンカウンターで受取」で選べます。
ネット申込み後、セゾンカウンターで営業時間内に受け取れば即日発行・即日受け取り可能。
郵送で受け取りなら最短3営業日後にカード発送。
永久不滅ポイントが期限無しで貯め放題、年会費永年無料。

アコムACマスターカード

アコムマスターカード

最短、今日中の発行に加えて、今日中の受け取りに対応。
ネット申込み後、むじんくん自動契約機で受け取れば最短その日のうちに受取可能。
「スピード発行対応しているクレジットカード」の代名詞ともいえる、アコムACマスターカード。
大急ぎでクレジットカードが欲しい時、まず検討してみるべき一枚といえます。
郵送受け取りなら最短翌々日発送。入年会費無料。

セゾン・パール・アメリカン・エキスプレス・カード

最短、今日中の発行に加えて、今日中の受け取りに対応。
海外で使うのに便利なアメックス。それが最短即日スピード発行、即日受け取りまでできる、
セゾン提携のセゾン・パール・アメリカン・エキスプレス・カード。
カード受取りは「郵送」か「近くのセゾンカウンターで受取」で選べます。
ネット申込み後、セゾンカウンターで営業時間内に受け取れば即日発行・即日受け取り可能。
郵送で受け取りなら、最短3営業日後にカード発送。
1年間に1回カード利用すれば次年度も年会費無料で、実質年会費無料の唯一のアメックス。
ポイント期限がない「永久不滅ポイント」、海外で使えばポイントも2倍。

パルコカード

最短、今日中の発行に加えて、今日中の受け取りに対応。入年会費永久無料。
パルコユーザー必携のスピード発行対応クレジットカード「PARCOカード」。
カード受取りを「郵送」か「近くのセゾンカウンターで受取」で選べます。
(※郵送の場合、最短3営業日後にカード発送)
カードの新規発行から1年間、パルコ施設やオンラインモール「PARCO-CITY」でショッピングすると
ずっと5%オフ。ポイント貯め放題「永久不滅ポイント」も。

エポスカード

最短即日発行可能な上、エポスカードカウンターへ出向ければ、その日の内に受取り可能。
スピード発行だけではなく、全国7000店舗でうけられる割引やポイントサービスなど
エポスカードならではの特典が多彩で、持っていて損がないカードです。
年会費も永年無料。エポスカードなら全国のマルイで10%オフの他、
カラオケのシダックスではルーム料金30%OFF+ポイント5倍、アパホテルで10%オフ、
カーシェアリングのタイムズカープラスでは初期費用無料など、持っていると何かとお得になるカード。

最短翌営業日発行可能

MUFGゴールドカード


最短翌営業日発行、初年度年会費無料。
年会費1,905円(税別)で持てるゴールドカード。しかも最短翌営業日のスピード発行対応。
万が一の時のための年中無休24時間対応のコールセンターによるサポートや、
海外旅行傷害保険・ショッピング保険・国内渡航便遅延保険等が充実。

MUFGイニシャルカード


オンライン入会申込で、最短翌営業日発行可能。
(※JCBブランドは最短2営業日発行)融資枠はナシで申し込みするほうが発行は早い。
29歳以下限定の、若者向特典が多彩なスピード発行クレジットカード。
学生は在学中の年会費無料、社会人も初年度年会費無料。
(※次年度年会費1,250円(税別)も利用状況によって無料に)

最短3営業日発行可能

三井住友VISAカード(クラシック)


オンラインで申し込みは全て完結。【最短3日】で発行できる『らくらく発行』。
ネットからの入会で初年度年会費無料。(※翌年度以降も条件付無料)
国内外で信頼の高い三井住友VISAカード。
実は意外にもスピード発行カードでもあります。
電子マネーiD機能が付帯されているので、
コンビニや自動販売機などの少額利用でも
iDで支払いできてポイントが貯められるため、普段使いでも便利。

楽天カード


ネット完結の簡単オンライン入会申込、最短3営業日発行可能。
年会費永年無料。最短3営業日で作れるスピード発行対応カード。
郵送受取のみですが、最短1週間かからず手元にカード受取できますので、
充分スピード発行実感できます。
カード利用でたまる楽天ポイントは楽天市場でのショッピングに使えるのでとても便利。
さらに期間限定のボーナスポイントがためられるキャンペーンがあるなど、持っていてお得な一枚。

スピード発行のメリットとデメリットを知ろう

1枚持っていると現金が足りない場合やネットでの決済のときに非常に便利に使えるため、
クレジットカードはもはや生活必需品といっても過言ではないアイテムになりつつあります。

 

様々なものがスピード化しつつある中で、急な海外出張や海外旅行が決まり、
出来るだけ早くクレジットカードを発行したいというようなニーズに対応できる、
スピード発行可能なクレジットカードという存在も、欠く事が出来ないカテゴリーとなっていますし、

 

これがあることで、急ぎのときでもクレカが手に出来るというのは大きなメリットですね。

 

クレジットカードを発行する会社としても、早くカードが欲しい、というこの要望に応える為、
従来よりも非常にスピーディに審査をする必要があるので、申し込みや発行にかかわる手続きの簡素化、
スマホやパソコンからのWEB申し込みの強化で対応してきており、
最短で即日発行や翌営業日発行が可能になっているカードがあります

 

  • 最短即日発行対応
  • アコムACマスターカード
  • セゾンカードインターナショナル
  • パルコカード
  • セゾンパールアメリカンエキスプレスカード
  • セゾンブルーアメリカンエキスプレスカード
  • エポスカード

などなど・・

 

  • 最短翌営業日発行対応
  • MUFGゴールドカード
  • MUFGイニシャルカード

 

また従来は発行に1週間はかかっていたカードも、最短3営業日発行に対応してきているものもあります。

  • 最短3営業日発行対応
  • 楽天カード
  • Yahoo!japanカード
  • 三井住友VISAカード

などなど

 

反面、デメリットとして考えられるのは、
クレジット会社としても、発行を早く行う必要があるため、
クレジットカードとしての機能を絞り込むことで審査を簡素化し、
最短即日でもカードを発行できるようにしています。
そのため、以下のような点についてのデメリットが考えられます。

 

  • キャッシング枠を大きく取れないことがある
  • 支払いが翌月払いとリボ払いのみに特化しているものがある
  • カード利用時のポイントなどの付与がないものもある、
  • 海外旅行等の買い物で事故があった場合保障してくれるショッピング保険がないものもある
  • ステータスのあるカードを希望することが難しい

 

発行の早さを希望する場合には、特権的なサービスは求めず、
あくまでもスタンダードなクレジット機能をもつ定番カードを作る気持ちでのぞむと、
スムーズにカードを手にすることが出来るのではないかと思います。
この点をあらかじめ抑えておいて、その上で自分のニーズに最適な
スピード発行できるクレジットカードを、いち早く手にしてもらえればと思います。